捨てられない靴の数々

洋服であれば、多少のサイズ違いは大きくても小さくても調整が聞くのですが、
靴の場合はそうもいかず、購入したけれどまったく履かない靴や、
逆に自分の足にピッタリフィットで
これ以上歩きやすいものはないと、なかなか捨てられず困っている靴もあります。


同じサイズで購入しているのに、
A社のローファーは大きめで歩いているとぶかぶかしてしまったり、
B社のスニーカーはきつめで、
歩いていると指が疲れるというのは、その場のためし履きだけでは
わからないのが困るところです。

原因としては、靴下やストッキング着用時の違いといったものもあるでしょう。
春や夏などの季節は足が群れぬよう、薄手のソックスですが、冬場になるともこもことした
分厚い生地の靴下使用などはザラなので、
その厚みが影響を与えているとわかっていても、
季節ごとの靴を持つなんてお金も、靴の保存場所もとても無理です。

結局利用するのは、自分の足にあったとわかった、一定の靴のみで
その靴を履き潰してしまったら新しいものを購入しています。

そうなるといつまでも残るのが「サイズはあってるけれど 履かない靴」です。
新品同様なので捨てるのも勿体無く、意を決して履いた時は
靴のエナメルがはがれたりもザラで
そうなったら捨てるのですが、なんだか無駄な事をしてしまったと、
ちょっぴりもったいないの神様に罪の意識を感じてしまっています。