僕らの逃避行

アウトドアの季節になってきた



はっきり言って今年の夏は暑すぎました。
年齢もそこそこになってきたということも影響は大きく出ましたが、
やはり夏場は外出を控えざるを得ませんでした。

特にレジャーは山などには現地につけば涼しいところまありますが、
行き返りに大変な暑さで出かけにくかったということです。
もともと外出が好きな私はそれだけでストレスがたまってきていましたが、
そろそろ暑さもましになってきましたので、いよいよ外出のレジャーの季節がやってきた
ということでしょう。


しかし、今度は寒くなればそれで出かけるのが面倒で億劫になってしまうのですから、
やはりこの2か月くらいがレジャーのピークといえるかもしれません。
あまり厚着が必要でなく、あまり汗もかかないというのは晩春と初秋に限る
ということになるでしょうか。楽しみです。

都会に住んでいるので出かけるのは郊外ということになります。
ハイキングと寺社仏閣を混ぜ合わせたようなウォーキングが一番私にあっているようなの
で少し良いカメラを片手に出かけたいと思います。
そしてもうすぐ春の桜と並んで日本が最も美しくなっていく紅葉の季節がやってくるので、
紅葉は紅葉で詳細な計画を立てて出かけたいと考えています。

甥っ子を予防接種へ連れていきました



先日2歳になる甥っ子の予防接種に行きました。
なぜ甥っ子を私がと思うのですが、ママさんが二人目を妊娠中で現在自宅で安静にして
なければならないということで、すでに子育て経験者である私が抜擢されたわけです。

別に良いんですよ、私は専業主婦で、こどもたちももう小学生ですから、
家ではのんびり家事とお小遣い稼ぎをしているくらいですから。

それに甥っ子は可愛いです。
最近まで髪の毛が長かったので、女の子と誰もが間違えてしまうような子でしたから。
髪の毛を切った今でも笑顔がかわいい、
誰にでも愛想の良い子で一緒にいても楽しいですよ。
どうして我が子になるとここまで可愛くないのか残念なくらいです。

そして予防接種にいざ連れていってみると、混雑している小児科は
小さい何ヶ月かの赤ちゃんばかりで、甥っ子のような子は4人くらいしかいませんでした。
その4人くらいのなかでも甥っ子は一番大きかったと思います。

先日受けた予防接種は任意のもので、それ以外は全部完了しているとのことで、
2歳くらいで予防接種というと、保育園に入るから必要になったものくらいなんでしょうね。
甥っ子のママが入院中から保育園に預けることにしたらしく、
その前に水疱瘡とかおたふくは受けてあげないと、
もしこの子が感染したときに生まれたばかりの子に移しちゃったら大変ですからね。